皮膚病・皮膚疾患なら愛知県知立市のなんよう動物病院

0566-82-1121

専門診療〜皮膚科〜

皮膚科診療

当院では、皮膚科・耳科の診療に力を入れております。これらの診療は日頃飼い主様にご来院いただく理由の中でも1,2を争うほど多い分野です。
原因はさまざまですが、しっかりとした問診と身体検査によって原因を追究し、その子にあったオーダーメイドの治療をご提供いたします。
当院では薬による治療に加え、シャンプーやサプリメントによるスキンケアを重視しており、ひとつの病気に対して多角的に治療を行っています。皮膚・耳の病気は、動物たちにとっては痒みや痛み、また飼い主様にとっては悪臭やふけによる汚れなど、さまざまな理由から生活の質を落とす要因になりえます。
大切なご家族の健やかな生活を守るために、まず当院にご相談ください。

診察の流れ

診察の流れ1

これまでの経過を細かくお伺いします。
この段階である程度疑うべき病気のリストを作ることができ、
それに応じて必要な検査を考えていきます。

診察の流れ2

どの診療科にも共通することですが、徹底的に身体検査を行います。
特に皮疹(皮膚の異常)がどの部位に出ているかが非常に重要なため、
その点に注目しながら検査を行います。

診察の流れ3

次に行うのが皮膚科の検査です。
皮膚表面の検査や毛の検査などいろいろな検査があります。
特に重要なのは、「どこの病変を検査に用いるか」ということです。
検査に適する病変からサンプリングを行わないと、
診断精度の高い検査はできません。
これは経験によるところが大きく、皮膚科の腕の見せ所だと感じています。

診察の流れ4

皮膚病は体の表面だけではなく、
体の内側に異常があり皮膚の症状につながっていることもあります。
そのため、必要に応じて血液検査や画像検査を実施します。

シャンプー、サプリメントや外用剤について

これらのシャンプー、サプリメントや外用剤は診察で使用するものの一部です。
全身に効果のおよぶ内服薬に頼らず、極力体に負担の少ない治療を心がけています。

主な診療内容

膿皮症

皮膚科診療において比較的よくみる病気です。体表の細菌が異常に増殖することにより起こります。異常な増殖の原因としては、アレルギーや環境の変化、代謝の異常などさまざまなものがあります。一般的には写真のように円形に皮膚が剥脱するように広がっていきます。また、パグやフレンチブルドッグなどの短毛の犬種では虫食いのように脱毛することがあります。

治療前

治療後

犬アトピー性皮膚炎

花粉やダニ(ハウスダストマイト)が原因となって症状が現れる病気です。健康な皮膚は皮脂と角質によってバリア機能が保たれており、アレルゲンなどの外部からの刺激から体を守っています。しかしながら、犬アトピー性皮膚炎の皮膚はこのバリア機能が低下しているため、アレルゲンが簡単に皮膚の中に侵入します。また角質の壁が壊れていることにより、皮膚の中の水分が出ていきやすくなり、皮膚の状態が悪化しやすくなります。犬アトピー性皮膚炎は治療だけでなくスキンケアとアレルゲンの除去が重要となります。

治療前

治療後

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミの寄生により主に腰背部に脱毛が起こる病気です。ノミの駆除により症状が改善します。治療の初期ではノミの駆除だけでは皮膚のアレルギー反応がすぐにおさまらないため、痒み止めの併用が推奨されています。

治療前

治療後

毛周期停止

以前はアロペシアXと呼ばれていた原因不明の脱毛症です。ある程度脱毛の起こりやすい部位が決まっており、脱毛部位をヒントに検査を進めていきます。サプリメントやホルモン剤による治療で発毛が期待できます。近年では、マイクロニードルという細かい針で皮膚を刺激することで毛が生えてきたとの報告もあります。

治療前

治療後

皮膚リンパ腫

非常に悪性度の高い皮膚に起こる腫瘍です。残念ながら完治することはありません。皮膚症状の悪化による痒みや痛みを和らげてあげることが治療の大きな目的です。

フケ症(角化異常)

角質の成長過程のことを角化といいます。この角化のスピードがさまざまな刺激により狂ってしまっている状態を角化異常といいます。角化異常の原因にはさまざまなものがあり、全身の検査が必要な場合が多いです。難治性の角化異常の中には、上で書いた皮膚リンパ腫の亜型も含まれるため、積極的な検査を実施します。
写真のワンちゃんは、角化異常の中でも脂症が原因であったため、スキンケアとサプリメントで非常にきれいになりました。

治療前

治療後

脂腺炎

角化異常の一つです。自己免疫により、皮脂の分泌腺が破壊され乾燥を伴うフケが大量に出てきます。
残念ながらスキンケアのみの治療では効果は乏しく、免疫を抑制する薬を併用する必要があります。ですが、その他に体重の増加や高脂血症といった症状がみられることがあります。

治療前

治療後

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌量の減少により、脱毛が起こります。写真のようにラットテイルと呼ばれるネズミの尾のような脱毛が起こりやすいですが、その他に体重の増加や高脂血症といった症状がみられることがあります。

治療前

治療後

皮膚石灰沈着症

ワンちゃんでは副腎皮質機能亢進症に続発して起こることが多い病気です。皮膚にミネラル成分が沈着することにより、皮膚が硬くなります。治療には根本となっている病気の治療が必要です。

クッシンング症候群による皮膚石灰沈着症

専門診療

各種予防

スタッフコラム

スタッフコラム

フェイスブック

LINE

なんよう動物病院LINE@

外部機関

アニコム

アイペット対応動物病院

calooペット

PAGE TOP