ワクチン接種・狂犬病予防なら愛知県知立市のなんよう動物病院

0566-82-1121

感染症予防

感染症予防について

代表的な感染症の予防方法に予防接種(ワクチン)があります。
ワクチンの中には失活させた(病原性を失った)ウイルスや蛋白質が含まれており、これらを体の中に投与することで抵抗力を身につけます。
狂犬病のように発症してしまうと100%の致死率を持つ疾患や、パルボウイルス感染症のように伝染性が強く特効薬が存在しない疾患に対しては有効な方法です。
適切な予防接種を行って、ワンちゃん、ネコちゃんを感染症から守ってあげましょう。

狂犬病予防

狂犬病とは、ワンちゃんが発症するとほぼ100%亡くなってしまう恐ろしい伝染病です。狂犬病を持っているワンちゃんに咬まれてしまうと、人にも感染してしまいます。治療法はありません。日本では法律で生後3か月齢以上のワンちゃんは狂犬病予防注射が義務付けられています。近年、日本での発症は確認されていませんが近隣国では狂犬病が蔓延しており、いつ日本に侵入してくるか分からないため、定期的なワクチンの接種が必要です。

混合ワクチン

子犬・子猫は生まれてからしばらくは、お母さんからもらった抗体(母子免疫)により感染症に対する抵抗力を持っています。しかしその母子免疫は徐々になくなっていくため、免疫系が十分に発達していない子犬・子猫は無防備な状態になります。ワクチン接種を行うことにより免疫力を高め、感染したとしても発症を抑えたり、重症化させないようにします。
特に、レプトスピラ感染症はワンちゃんだけでなく人にもうつる恐ろしい病気です。主に温暖な地域での感染や河川などでの水系感染がおこるため、アウトドアによく行かれる方は特に接種していただきたい病気です。
予防できる病気の種類により、ワンちゃんでは5種混合、9種混合ワクチン、ネコちゃんでは3種混合、4種混合ワクチンがあります。
ライフスタイルによって適したワクチンをご提案させて頂きます。

寄生動物について

ノミ・ダニなどの外部寄生虫やフィラリアはワンちゃん・ネコちゃんの健康を脅かします。
また、私たち人間に対して健康被害を及ぼすこともあります。
これらの寄生動物は、適切な予防薬を投与することでワンちゃん・ネコちゃんに感染することを防ぐことができます。

フィラリア症

フィラリア症は心臓内の寄生虫による病気です。
寄生したフィラリアが少数の場合は、症状が出ることは稀です。しかし、寄生数が増えてきたり、罹患期間が増すにつれ、咳・息切れ・腹水貯留などの症状がみられ、突然死することもあります。
蚊に刺されることにより、感染します。これまではワンちゃんの病気として知られていましたが、近年ではネコちゃんのフィラリア症も多く報告されており、注意が必要です。
フィラリア症は予防薬を投与すれば防げる病気です。予防を怠ると知らない間に感染してしまいます。いつまでも健康で過ごせるようしっかりとしましょう!
毎年、フィラリア予防をスタートする前に必ず、フィラリアに感染していないかの血液検査が必要となります。前年度の予防が不完全な場合、フィラリアが寄生していると予防薬の投与によって副作用を起こす場合があります。

ノミ・マダニ症

ノミ

ノミは、動物や人に寄生すると、吸血により非常に強い痒みを起こします。吸血を繰り返すうちにノミに対して抗体が作られると、再度ノミに吸血されたときにノミの唾液に対してアレルギーが起こります。その結果、ノミアレルギー性皮膚炎という激しい痒みを伴う皮膚炎を発症することになります。
ノミは外では気温の上がる時期しか生息できませんが、一旦室内へ持ち込まれると、1年を通じて繁殖することができます。予防期間については当院スタッフまでご相談ください。

マダニ

マダニは犬や人の皮膚にくっついて血を吸うときに、恐い伝染病をうつします。犬には、バベシア症という貧血を引き起こし、場合によっては命取りになる伝染病を媒介します。
また人には、重症熱性血小板減少症(SFTS)という伝染病も媒介します。この病気は致死率も高く、有効な治療法もワクチンもありません。これまで国内では人の死亡例も確認されていますので、ワンちゃんだけでなくご家族の健康を守るためにマダニの予防は非常に重要です。

専門診療

各種予防

スタッフコラム

スタッフコラム

フェイスブック

LINE

なんよう動物病院LINE@

外部機関

アニコム

アイペット対応動物病院

calooペット

PAGE TOP