梅雨時期の病気☔

  • 2022年6月24日
Pocket

人も体調を崩しやすくなる時期が来ました。ワンちゃんやネコちゃんも病気にかかりやすい時期です😿

梅雨時期の一番の大敵は湿気」 

湿気が多くなると、病気の原因となる寄生虫カビ細菌などが発生しやすくなってきます。

今回は、特に梅雨時期に多くなる病気について紹介させていただきます!

①食中毒

食べ残したフードなどが原因で「下痢」「嘔吐」などを起こしてしまう食中毒。

下痢が続くと「脱水症状」になってしまう可能性も💦

湿度が高いので食べ残しの中で食中毒菌が発生してしまうんです。

対策としては、ご飯の食べ残しをすぐに捨てたり、食器をしっかり洗って清潔にすることが大切です!

②皮膚疾患

犬は体の表面が被毛で覆われています。

湿気が多いと元々皮膚にいる菌が増殖してしまい、皮膚トラブルの原因になることが多いです。また、ストレスでも皮膚トラブルが出てしまう事があります。

例えば…

膿皮症 ブドウ球菌の増えすぎが原因で、赤いブツブツや白いブツブツが見られ、痒みを伴います。

マラセチア皮膚炎 犬の皮膚に常在しているカビの一種で皮膚炎、外耳炎などを起こします。悪臭のある黒い耳垢やこげ茶色の耳垢が見られ、痒みを伴います。

膿皮症の症例⇩

https://nanyou-ah.jp/blog/archives/syourei/3973

マラセチア皮膚炎の症例⇩

https://nanyou-ah.jp/blog/archives/syourei/4333

梅雨時期は、部屋を清潔に保ち、温度・湿度管理を徹底するようにしましょう!

また、こまめにシャンプー&保湿を行ったり、お耳のケアをしてあげることが大切です。

しかし、お耳そうじのしすぎはお耳の中を傷つけてしまう可能性もあるので注意してくださいね⚠

 

ワンちゃん🐶やネコちゃん😺の様子がおかしいなと心配になったら、当院までご相談ください😁

 

 

 

カテゴリー