【皮膚科】チワワの膿皮症治療|なんよう動物病院・犬猫スキンクリニック|愛知県知立市

  • 2024年2月11日
  • 最終更新日 2024年2月11日
Pocket

犬と猫の痒みや脱毛などで一般的な治療で改善しない難治性の症例の診断・治療に力を入れている愛知県のなんよう動物病院です。

当院は愛知県のほぼ中央、知立市にありますが刈谷市、安城市、豊田市、岡崎市など近隣の市町村だけでなく、名古屋市、日進市、半田市、大府市、東海市、蒲郡市、豊橋市など県内の各地から多くの患者様にご来院いただいています。

当院では皮膚科に特化した診療を行っています。診療をご検討されている飼い主様は以下のサイトをご覧ください。

当院では遠方でご来院が難しい飼い主様向けにオンライン診療を行っています。

オンライン診療をご希望の方は下のバナーから詳細をご確認ください。

 

今回は皮膚の脱毛にステロイドとアポキルを処方されるもほとんど効果がなく、改善しなかったチワワの症例です。

【症例】

チワワ、9歳齢、去勢オス

【これまでの経過】

⚫︎もともと皮膚は弱かったが、1年前からどんどん症状が悪化した

⚫︎かかりつけでステロイドとアポキルが処方されているが、皮膚はボロボロになってきている。

 

それでは、こちらから初診時の様子をご覧ください。

背中の毛が薄くなり量が減っています。円形のように拡大するフケが付着しているのも特徴です。

【診断のポイント】

今回は症状や検査の結果から、「膿皮症」と診断しました。

膿皮症は単発で発症しそれからは出ないこともありますが、今回のように1年以上繰り返し出続けるのは基礎疾患があるためです。

今回は基礎疾患としてアトピー性皮膚炎を疑いました。

【治療】

アトピー性皮膚炎を基礎とする膿皮症では、アトピーの特徴である皮膚のバリア機能が弱っていることを意識した治療を行う必要があります。また皮膚の免疫細胞が異常に働くことで皮膚の防御に働く免疫の邪魔になってしまい、普通は悪さをしない常在菌が増えてしまう結果につながります。

今回はアトピーの治療を意識しながら実際の治療プランは以下のように計画しました。

 

✅アトピーに対する免疫調整治療

✅腸内環境を整えるためのサプリメント

✅毎日朝晩の保湿剤の使用

✅1週間に1回の洗浄

 

このような治療プランを組ませていただき、治療をスタートしました。

治療開始後、2ヶ月で以下のような変化が見られました。

背中に目立っていたフケが全くなくなり、とても綺麗な毛並みに戻っています!

現在は症状が落ち着いてきているため、お薬を減らしていけるかのトライアル中です。

今回のように基礎疾患に同時にアプローチしていかないと、一度治ってもすぐに繰り返してしまいます。

ご紹介したワンちゃんと同じような症状でお困りの飼い主様は一度、当院までご相談ください!

お知らせ

当院では、皮膚病用のオリジナルシャンプーを開発し、皮膚病治療を実施しています。

 

今回ご紹介した症例でも4つのケアアイテムを活用しました。

毎回の洗浄では、3つのアイテムを使用しています。

・クレンジングオイルで過剰な皮脂を落とす

・シャンプーで皮膚への刺激の少ない洗浄

・リンスで洗浄後の保湿

 

毎日のスキンケアとして、ローションをお勧めしています。

朝と夜の2回体の気になるところに塗っていただくことで高い保湿効果が期待できます。

 

また今回のような皮膚炎やアトピーを持つわんちゃんでは腸内細菌バランスが崩れていることがわかっています。これらのバランスを調整することで全身の免疫環境を整えることができるため、こちらの乳酸菌サプリメントもおすすめです。

 

当院では皮膚病治療のセカンドオピニオンをご希望の飼い主様向けに特別診療を実施しています。詳細はこちらのサイトをご覧ください。

 

以下のリンクから直接ご予約をお取りいただくことも可能です。

 

これまで治療した子たちをインスタグラムでも紹介しています!ぜひご覧ください!

 

 

当院では遠方でご来院が難しい飼い主様向けにオンライン診療を行っています。

オンライン診療をご希望の方は下のバナーから詳細をご確認ください。

カテゴリー